展示製品一覧

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 中国
  4. アミノ酸系活性剤

アミノ酸系活性剤

高岡
高岡

シャンプーやボディ・ハンドソープを選ぶときのこだわりって何かな?

香り、かな。でも、近頃は肌や皮膚への刺激性なんかも重要に思えてきた。
菅
高岡
高岡

なるほど・・トレンドとしては刺激性の低い”アミノ酸系界面活性剤”がよく使われてるよね。もう30年以上前に開発された界面活性剤だけど、従来のラウリル硫酸ナトリウムっていう活性剤に比べて洗浄力は落ちるけど、肌にはマイルドなところが特徴。

そうなんだ・・で、ココでの紹介なの?
菅
高岡
高岡

勿論、国内には優秀な製造メーカーがあるけど、アジアで急成長中の中国、韓国メーカーの紹介を考えてみました。歴史の浅く、まだまだ先行メーカーの性能には及ばないかところもありそうだけど、これかも需要伸長が予想される海外品のレベルアップとコスト競争力は大いに期待出来そうだよ。

なるほど・・今回のPRポイントって?
菅
高岡
高岡

千葉科学大学の協力で、アイテム毎の「泡質」「安定性」を評価してみたんだ。ポンプフォーマーを使った製品が増えてきたことで結構「泡立ち、泡の質感」って気になるところ。実際に処方を組まれる研究の方々に少しでも参考になれば良いよね。

製品の特徴・コンセプト

  • 成長著しいアジアメーカーのアミノ酸系界面活性剤を検討頂けませんか?
  • 医薬部外品原料規格保証。今回は”ココイルグリシンK”でデータ取りを進めてみました
  • 「粉末タイプ」も取りそろえたことで、複数購買を必要とされるお客様、また商品開発にお役に立てればと考えています

用途案

    • トイレタリー:シャンプー、ボディソープ、ハンドソープ
    • 化粧品   :洗顔(メイク落とし)

会社概要

  • 中国 2社、韓国 2社

 

高岡
高岡

如何でしたでしょうか?

これから成長が期待出来る海外メーカーの提案ですね。楽しみにしています。
菅
高岡
高岡

そうでしょう! もしこの商品を見て気になる方、詳しく話が聞きたいと思っているあなた、是非、岡畑興産までお問い合わせ下さい。手続きは簡単、下の問い合わせボタンをポチッとするだけです。皆様からのお問い合わせお待ちしております。

関連記事