どこ展とは

  1. HOME
  2. ごあいさつ
  3. いらっしゃいませ

メンバー紹介

いらっしゃいませ

この度はどこ展サイトへようこそお越し下さいました。
皆様との対話を心待ちにする当社のメンバーを紹介したいと思います。

化粧品原料販売のプロジェクトリーダー高岡です。
昨年還暦を迎えました。少々体力的には衰えはしましたが、まだまだやりたい事が一杯。今でも現場を走り回っています。日用家庭品向け活性剤、ビルダーから、もっと付加価値のある化粧品原料をとの思いから模索を始めて早7年。当時は孤軍奮闘していましたが、今ではご紹介したい商品も増え、たくさんの仲間も出来ました。

まずは韓国からの刺客?!尹(ユン)です。
初の来日は90年代後半。当時は韓国大手メーカーから日本市場の新規開拓要因として派遣されました。その時の在期間は約4年、しっかり日本語に磨きをかけ帰国後は当社の韓国法人岡畑コリアへ移籍。日本での経験を生かし日系メーカーの商材(主に花王さん)を韓国顧客への売り込みを担当。当社の韓国ビジネスの礎を築いてくれました。そして3年前、満を持して再来日。現在は韓国のみならず海外の特徴有る商品を日本のお客様に紹介しています。

続いてはジャイアンツとコブクロをこよなく愛する菅(かん)。
入社当初から大手のお客様を担当し、ビジネスのイロハを学びました。東京でしっかり勉強した後、一昨年大阪へ転勤。そこから本格的に化粧品原料の販売に深く関わることになりました。お客様に教えて頂くことも多いですが、今では海外メーカー様と共に開発営業に取り組んでいます。出展品目の中でも1,3-PDとGK2は菅にお任せ下さい!

今年三十路になる吉江(よしえ)です。
中堅どころの年齢ですが、岡畑に入社したのは1年半前でようやく若葉マークが取れたところ。これまでは畑違いの仕事をしてきましたが学生時代に学んだのは化学でした。記憶を取り戻すべく只今化粧品原料を猛勉強中!千葉科学大学さんに通い、アミノ酸系活性剤の泡持ち・安定性の試験や、プロパンジオールをはじめ様々な保湿剤の効果や皮膚に対する影響などのデータ取りを担当。営業トークは勉強中ですが、ロジカルな議論はお任せ下さい!


年齢、国籍、性別も様々、個性溢れる4名が化粧品原料を担当するメンバーとなります。

CITE JAPANの会場のみならず、どこ展でのお問い合わせに対しても我々が対応させて頂きます。どんなに些細なことでも結構ですので、皆様からのお問い合わせお待ちしています。