2021.03.23

CITE JAPAN 2019からのケミカルマテリアル2020onlineへ

【CITE JAPAN 2021 出展 カウントダウン企画】

Okahata News Letter 2020年11月号より

オンライン展示会で化粧品原料を紹介してみた<中間報告>

\ケミマテでもフルスイング中/空振り中間報告

化学工業日報主催のケミマテJapan-onlineも3週目を終え、いよいよ最終週。

現時点で主催者側から全体来訪者データは公開されていませんが、(化工日さまに直接直談判するも、公開はさすがに勘弁とのことで。そりやそうですね…)、来月はデータ大公開、丸裸反省会を予定しておりので、お楽しみに。

弊社ブースヘのアクセス数は?

弊社はランキング上位だそうで、主催者さまからは、”専門商社として大健闘”との有り難いお言葉。来場いただいた皆さん、本当にありがとうございます!
岡畑興産ブースヘのアクセス数:
第一週: 1144
第二週:438
予想通り、第二週はアクセス半減・・・営業の頑張りどころ!
個別コンテンツヘのアクセスですが、5つの分野のうち、圧倒的にアクセスが多いのは”天然由来の機能素材”。
•ヒアルロン酸フィルムやファイバー(韓&中)
•生分解性マイクロカプセル(韓国)
•保湿剤1,3-Propanediol(中国)
が一番皆さまの目を引いているようです!
ヒアルロン酸フィルムやファイバーは資料内に面白い動画もあるので、ぜひ覗いてみて下さい!
メールでのお問い合わせは、6件。うち、”天然由来の機能素材”が1件、”KSTONEPEKK”が3件。売り込みが2件。

リアル展示会との比較と連動:まさかまさかのうっかりミス?(打席に立てば空振りもありますよね、初めてだし)

直近で出展したCITEJapan 2019(化粧品産業技術展)は、3日間開催で4万人超え@バシフィコ横浜。
アジアの天然系素材を謳った弊社ブースで、新しくご縁を得た方は、140名。
その140名の内、ケミマテ(天然由来の香粧品)にアクセスいただけた方を調ぺてみると…
なんとなんと1名のみ。

社長:え、やばくない?
山田リーダー:すいません、どうやら案内にミスがあったようで…今から案内出し直します!
1ヶ月ありますから、ミスってもリカバリーを打てるのは、オンライン展示会の大きなメリット(どこまでもポジティブに)。
さて、CITEJapanの140名は少なく見えますが、そこから生まれたビジネスは大きく、出展効果は高かったのですが、さてさてケミマテonlineはどうでしょうか?

オンライン展示会ならではの仕掛け=裏・展示会(a.k.a裏工作)

リアル展示会と比べると、実際のお客様の顔が見えず、対話などの肌感覚の手応えがないため、下手すると漫然と1ヶ月過ごしてしまうリスクあり。
初めてだからこそ、色々試して、学びを増やすべし!
2週間を終えて、弊社なりの裏工作はというと、
•2 回以上コンテンツ閲覧、10分以上ブース滞在された方にお礼どちょっと会話しませんか?’’的アプローチ。
• CITE Japanのお客様への再案内必死のリカバリー中
•最終週に主要なお客様にリマンダー(選挙でいうところの、”最後のお願いに参りました”、ですね)。
やれることは全部やったはず。1ヶ月後のONLが公開処刑にならない事を祈りつつ…

facebook

twitter

line